第22回 明日の教室東京分校 松永昌幸先生

第22回 明日の教室東京分校

日 時:平成24年 10月 21日(日) 13:30~17:00

講 師:松永昌幸先生(横浜教師塾塾長)

申し込みはこちらから

f0234236_7591390.jpg


テーマ:「先生大好き、学校が楽しい」 そんな学級・授業を創りたい。
     ―その土台をつくる≪日常茶飯事≫の指導技術―

いい授業、いい学級を見ると、「模倣(まね)」したくなる。
だが、表面に表れたものを模倣しても、そういう授業・学級には到達しない。
それを支える「土台」を、
日常の指導、片々の指導を通して作っていくことが、まず求められる。

横浜教師塾で若い先生たちにそんな話をすると、
「そんなこと、考えてもみなかった」
「そういうことから指導するのですね」という声が多く聞こえてくる。

たとえば、プリントが配られたら、子どもたちは何をしていますか。
たとえば、朝の会、どうやって出席をとっていますか。

そのような、「日常の指導」「日頃」を見つめてみたい。
いい学級・いい授業の土台をつくる≪片々の指導技術≫を紹介していきます。


講師紹介

松永 昌幸先生
(まつなが まさゆき)

横浜市立小学校教員・校長
横浜市教育委員会学校教育部長・横浜市教育センター所長
鎌倉女子大学教授などを経て、
現在、横浜教師塾塾長として教員・学生の指導力の向上に努めるとともに、
教育委員会・研究会の研修講師や学校の授業研究指導を行っている。
文溪堂「道徳と特別活動」に「松永流学級経営」を連載中
   詳しくは、横浜教師塾HPを参照ください。
主な編著書
「教師の聞き方・話し方パワーアップ術」
「子どもがもえる活動づくり・低学年」
「小学校学級づくりゲーム&エクササイズ 1・2年」
「小学校学級づくりゲーム&エクササイズ 3・4年」
「小学校学級づくりゲーム&エクササイズ 5・6年」
「明るい教室環境づくり12ヶ月小学校」
「生活指導ルールの指導の定石」  いずれも、明治図書
[PR]
# by asunokyositsu-tko | 2012-10-21 08:00 | 講座予定 | Comments(0)

明日の教室東京分校 特別講座

f0234236_23442499.jpg
明日の教室東京分校 特別講座

日 時:平成24年 9月 29日(土) 13:30~17:00

講 師:池田 修先生(京都橘大学准教授)

テーマ:体験作文の指導方法

申し込みはこちらから

「運動会のことを書きましょう」
そう言って月曜日の朝、子どもたちに原稿用紙を配る。二ヶ月も前から準備練習に取り組んで、もの凄く盛り上がった運動会。どんな作品が仕上がるかあなたは楽しみにしています。ところが、子どもたちは
「先生、何を書いたら良いか分かりません」
と言ってくる。
「え、だってあんなに書くことがあるでしょ!」
と驚愕。さらに、
「どう書いたらいいのか分かりません」
「なんで書かなければならないのですか?」
と言われ
「とにかく、好きなように書きなさい」
「思った通りに書きなさい」
としか答えられない自分に気がつくものの、さて、どうしたらいいのか分からない。


そんなあなたに贈る、体験作文の指導方法です。
秋の行事の前に、教室が幸せになる体験作文の指導方法を是非身に付けて下さい。
子どもたちは、作文を書き終えると
「早くもう一度作文を書きたい!」
となるでしょう。


※当日は、読み手が読みやすい字が書ける筆記用具、できれば2Bの鉛筆をご持参ください。

参加費 一般 3000円  学生 無料

講座修了後、懇親会を予定しています。講師の先生と講義内容について膝詰めで話すことができるチャンスです。こちらにも是非参加してください!! 

定員 60名

講師紹介:池田 修先生

●プロフィール
京都橘大学人間発達学部児童教育学科准教授。東京都の公立中学校教員を経て現職。「国語科を実技教科にしたい、学級を楽しくしたい」をキーワードに研究。専門は、国語教育学、学級担任論、特別活動論。大学では、教員養成大学では殆ど開設されていない「学級担任論」という授業を担当している。


●おもな著書
単著『先生、こどもたちをよろしく!』(学事出版)、『中等教育におけるディベートの研究』(大学図書出版)『こんな時どう言い返す』(学事出版)『教師になるということ』(ひまわり社)。編著『明日の教室1~5』(ぎょうせい)など多数。監修『クイズ日本語の大冒険 全三巻』(教育画劇)、『掃除サボリの教育学』(学事出版)『テストの花道1、2』など。


●メディア、その他
NHK教育テレビ「わくわく授業」「伝える極意」「高校講座ベーシック10」など出演。「テストの花道」問題作成委員。東京書籍「中学校国語」編集委員
[PR]
# by asunokyositsu-tko | 2012-09-03 23:41 | 講座予定 | Comments(0)

第21回 明日の教室東京分校 仲里靖雄先生

50人で学びました。

講座の内容はこちら


第21回 明日の教室東京分校

f0234236_11563467.jpg


日 時:平成24年 9月 1日(土) 13:30~17:00

講 師:仲里靖雄先生(帝塚山学院小学校教諭)

テーマ:「校内ワースト1」と呼ばれた教師の挑戦

申し込みはこちらから

参加費 一般 3000円  学生 無料

講座修了後、懇親会を予定しています。講師の先生と講義内容について膝詰めで話すことができるチャンスです。こちらにも是非参加してください!! 

定員 60名

講師紹介:仲里靖雄先生

大阪教育大学小学校課程理科専攻
大学を卒業後、帝塚山学院小学校、その後、公立小学校で14年間実践を積む。そして、立命館小学校開講より4年間、主に算数指導について研究を深める。
現在、再び帝塚山学院小学校にて勤務。

仲里先生は明日の教室京都本校、大阪分校でも登壇されています。
その様子はDVDとして発売されています!
http://www.youtube.com/watch?v=1SiQ-ZWLDqo
[PR]
# by asunokyositsu-tko | 2012-08-26 11:56 | 講座予定 | Comments(0)

第20回 明日の教室東京分校 大橋邦吉先生

25人で学びました。

講座の内容はこちら


第20回 明日の教室東京分校

日 時:平成24年7月14日(土) 13:30~17:00

講 師:大橋邦吉先生(ファシリテーター・している株式会社)

テーマ:「クラスファシリテーション講座」と「チームビルディング体験」

参加費 一般 2000円  学生 無料

申し込みはこちらから

講座修了後、懇親会を予定しています。講師の先生と講義内容について膝詰めで話すことができるチャンスです。こちらにも是非参加してください!! 

定員 60名

講師紹介:大橋邦吉先生

f0234236_683490.jpg


1981年3月14日東京都国分寺市生まれ、体育の教師を目指し玉川大学文学部教育学科健康教育コースに入学する。
在学中に「ファシリテーション」にであう。ある日をきっかけに、「ファシリテーター」として先生方に「ファシリテーション」を普及させることを目指す。
大学卒業後は、「ファシリテーション」の本場である、アメリカに留学しPlymouthState Universityで「体験学習」を専攻する。
帰国後は、している株式会社に所属し、「クラスファシリテーション」を立ち上げる。

【著書】
学級が変わる!授業が変わる!「クラスファシリテーション」入門(明治図書出版)
学級づくりの「困った!」に効く クラス活動の技(小学館)
[PR]
# by asunokyositsu-tko | 2012-06-17 06:00 | 講座予定 | Comments(0)

第19回 明日の教室東京分校 鹿嶋真弓先生

40人で学びました。

講座内容ツイートをまとめました。

こちらをクリック


第19回 明日の教室東京分校

日 時:平成24年6月2日(土) 13:30~17:00

講 師:鹿嶋真弓先生(逗子市教育研究所 所長)

テーマ:『互いに高め合える学級づくり ―人の中で人は育つ―』

参加費 一般 2000円  学生 無料

申し込みはこちらから

講座修了後、懇親会を予定しています。講師の先生と講義内容について膝詰めで話すことができるチャンスです。こちらにも是非参加してください!! 

定員 60名

講師紹介:鹿嶋真弓先生

f0234236_648715.jpg


筑波大大学院人間総合科学研究科生涯発達科学専攻 博士(カウンセリング科学)
認定カウンセラー、上級教育カウンセラー・学級経営スーパーバイザー
H19年度 東京都教育委員会職員表彰(学校経営・指導力向上)
H20年度 足立区教育委員会褒賞
(教育相談分野における指導技法の研究・教師の指導力の育成への貢献)
H21年度 文部科学大臣優秀教員表彰(生徒指導・進路指導)
H22年  日本カウンセリング学会第43大会 学校カウンセリング-松原記念賞受賞
H23年度 筑波大大学院人間総合科学研究科長賞受賞

専門は理科(化学)。
大学時代、國分康孝先生に師事して以来、教育心理学・カウンセリング心理学を学びました。現在、構成的グループ・エンカウンター(以下SGE)、早稲田大学河村茂雄教授の開発されたhyper-QUを活用した学級づくり、クラスソーシャルスキル(以下CSS)などを学びながら実践中です。荒れた学年、学級がSGE・CSSを通して、あたたかみのある学年集団、学級集団へと成長する過程を目の当たりにしてきました。また、SGEやCSSはもちろん、特別支援教育における応用行動分析の活用やユニバーサル教育の視点に立った授業改善など、広く教育現場に活かせるワークショップを展開中です。
主な研究領域は、学級経営、人間関係づくり、充実感、自律などです。
(もちろん、中学校の理科教育もです。電子黒板用の教材開発もしていました。)

 著書
〔編者〕
・非行・反社会的な問題行動(育てるカウンセリングによる学級課題対応 9巻)図書文化
・構成的グループエンカウンター事典 図書文化
・Q-U式 学級づくり (中学校)図書文化

〔分担執筆〕
・エンカウンターで学級が変わるシリーズ (Part2・Part3)図書文化
・今子どもたちに育てたい学級ソーシャルスキル CSS (中学校編)図書文化
・教師のための失敗しない保護者対応の鉄則 学陽書房
・若い教師の悩みに答える本 学陽書房
・学級タイプ別繰り返し学習のアイデア(中学校編)図書文化
・3ステップであんしん 気になる子への対応術 教育開発研究所など
[PR]
# by asunokyositsu-tko | 2012-05-04 06:49 | 講座予定 | Comments(0)